MENU

節句(節供)とは

奈良時代、唐より宮中に伝えられた節句。日本では、季節ごとの旬の収穫を神々に供物として捧げ、「五穀豊穣」「無病息災」「子孫繁栄」を祈るとともに、供物を共に口にすることで人々が絆を強める行事でもありました。

いまに伝わる節句は以下の「五節句」です。

なかでも、上巳の節句【桃の節句】(3月3日)は、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」として、また、武士の立身出世を願った風習からきた端午の節句【菖蒲の節句】(5月5日)は、男の子の逞しい成長を願う行事として、広く庶民に浸透したのです。