店舗情報

カート

五月人形

五月人形とは…

五月人形とは、
男子の誕生を祝うとともに、
無事に成長し、強く、逞しく、
賢い大人になるようにとの願いを込めて、
5月5日端午の節句に飾る人形です。
五月飾りは家の中に飾る「内飾り」と屋外に飾る「外飾り」に大きく分かれます。
内飾りには、現在、メインとなっている鎧または兜飾りがあります。
また、子供の人形に鎧を着せた若大将といわれるものや、
以前は五月人形の代名詞のように言われた桃太郎や金太郎、神武天皇や鍾馗の武者ケース入があります。
外飾りは、鯉のぼり、武者幟で、鯉のぼりは立身出世を祈るためのもので、将来の無事の成長を祈るための内飾りと、
質も意味合いも違うので、できれば両方を飾ることが望ましいとされています。
お子様が逞しく、健やかに育って欲しいという「願い」「想い」を込めて昔から端午の節句には、
男の子の成長をお祝いして「つるし飾り」を飾ります。

鎧飾り

鎧は、甲冑の総称で、五月飾りには主として具足と大鎧があります。 具足は草摺りが5枚以上になっていもので、草摺りが4枚になっているものを大鎧と呼びます。

兜飾り

甲冑の頭に被る部分を兜と呼びます。 頭部を鉢、後頭部をしころ、前面両側を吹返し、前面の角のように二本立つ金属を鍬形、前面のひさし部分を眉庇、前面の結紐を忍緒と呼びます。

若大将飾り

きりりとした眼差しの、りりしい若大将。生き生きとした表情に若い力の可能性が溢れています。 「知恵に優れ、人望のある人物に」という願いを込めた飾りです。

武者ケース入

端午の節句に飾る勇壮な人形の総称で、以前は五月人形の代名詞のように言われ、桃太郎、金太郎、神武天皇、鍾馗、飾馬、馬乗大将などがあります。