店舗情報

カート

日本人形

日本人形とは…

日本人形には、尾山人形、歌舞伎人形、花嫁人形、童人形、御所人形、連獅子・鏡獅子、能人形、能面などがあります。

尾山人形

女の人形の総称で、小山次郎三郎という人が女の人形を巧みに操ったので尾山人形と呼ばれるようになりました。 江戸時代後期から盛んに作られ、役者や浮世絵に描かれた絵をモデルに人形が作られました。大変華やかなお人形です。

花嫁人形

花嫁人形には白無垢と打掛と2種類の衣裳着があります。白無垢には綿帽子、打掛けには角隠しが高島田の髪に付けられます。白無垢は白一色にし、地紋に四季折々の花木や鳥類を唐織風に仕立てます。打掛は朱赤緞子、手引箔など様々な文様・色を使います。結婚のお祝いに最適のお人形です。

木目込人形

舞や能、歌舞伎の姿を木彫、桐塑などに溝を彫り、縮緬、金襴、その他の布をその溝にきめ込んで作ったもので、とても愛らしい表情のお人形です。

連獅子・鏡獅子

能楽「石橋」や歌舞伎「連獅子」をモチーフにしたお人形です。 白い毛をかぶったのが親獅子、赤い毛をかぶったのが子獅子で、勇ましい姿をしています。

侍JAPAN・歌舞伎人形

花嫁人形には白無垢と打掛と2種類の衣裳着があります。白無垢には綿帽子、打掛けには角隠しが高島田の髪に付けられます。白無垢は白一色にし、地紋に四季折々の花木や鳥類を唐織風に仕立てます。打掛は朱赤緞子、手引箔など様々な文様・色を使います。 結婚のお祝いに最適のお人形です。

御所人形

1歳~5、6歳までの裸の男の子の白塗りで丸顔の可愛いお人形です。座ったり、這った姿のものが多く、おもに幼児の厄払いのために製作されました。 出産のお祝いなどに最適なお人形です。