店舗情報

カート

ひな人形

ひな人形とは…

3月3日は桃の節句。
そのひな祭りで子供に災いが
降りかからない様にという家族の願いや、
人生の幸福が得られる様にという気持ちを
込めてひな人形を飾るようになりました。
ひな人形は作り方の違いから
「衣裳着人形」と「木目込人形」に
分けられます。
種類としては、飾り方から「段飾り」
「出飾り」「親王飾り」に大別されます。
立姿の夫婦雛を「立雛」といいます。
また、仲人さんや、親族、親戚、
友人からの贈り物として
最適の浮世人形、市松人形があります。
つるし雛は、
江戸時代後期の頃が始まりで、
愛する子どもや、孫のため
手作りの雛飾りで、
初節句を祝おうという親心から
生まれたものです。

段飾り

段飾りは基本的に段に赤い布(緋毛せん)をかけ、その上にひな人形をのせた飾りですが、木製段に飾るタイプもあります。段は5段、7段、8段があります。7段の上に15人を1セットとして飾ることが典型的です。

出飾り

2段または3段の形状で塗装仕上をしてある木製段の上にひな人形をのせた飾りを、出飾りと呼びます。ですから出飾りとは段飾りの一種です。基本的に私どもでは「親王」と「三人官女」の5人の人形を木製段の上に飾る飾り方を出飾りと呼びます。

親王飾り

親王飾りは、「殿」と「姫」の2つの人形が1つのペアになったひな人形です。一般的に「殿」と「姫」を中心に飾り、「屏風」「雪洞」「三宝菱台」「桜橘」を飾ります。殿は向かって左に置き、姫を向かって右に置いて飾ります。しかし、その逆に飾る地域もあります。

立雛

立雛とは、立っている夫婦雛の総称です。立ち姿の簡単なひな人形で、ひな人形の起源である祓の形代から人形化したもの。神雛ともいいます。座り姿の親王飾りに対して、立ち姿の親王飾りは立親王飾りと呼びます。

市松人形

市松人形とは、やまと人形の別称で、関西では「市松」、北陸方面では「三吉」、そのほか「じんじょこ」「ねんね」「でく」など地方により様々な呼び方があります。一般的には男の子は羽織袴の正装、女の子は通常おかっぱ頭で、振袖人形としては日本人形の代表的な人形です。三月節句には雛段等の左右に男女一対で飾られ、出産祝の贈り物としても多く利用されています。

つるし雛

つるし雛の風習は江戸時代後期の頃を発端として、愛する子供や孫のため、手作りの雛飾りで、初節句を祝おうという親心から生まれたもので、現在では全国的に知られています。つるすものは女の子の生活に必要なものを作ったと言われ、人形類、野菜や果物、花、手まり等があります。これは子孫繁栄、家族の幸せ、人の輪を表していると言われています。