MENU

衣裳着人形・頭師

経済産業大臣指定 伝統的工芸品 岩槻人形
伝統工芸士
熊倉 満

おひなさまは、赤ちゃんの守り神。
一期一会のご縁、何か光るものをと
日々つくっています。

頭師として百本、千本、万本とつくっていても、お客さまが選ぶのは一体ですから、一期一会のご縁、何か光るものをと精魂込めております。

頭は何十種類とありますが、時間とともに変化していくものです。お客さまから古い人形の修理が来たときは、ひと目で自分で描いたものだとわかります。戻ってくると、「前はこう描いていたなあ」と懐かしいですよ。そのお人形をお気に召して長く飾って、修理に出してくださったんだから、そんなときは元の通りに直します。それを今風に描くと違うものになってしまいますから。

やはりおひなさまは赤ちゃんのお守りですので、毎年出して飾ってくださることを望みますね。いい教育になると思うんです。何と言ってもお節句というのは、節目ですからね。

取材を終えて
慈愛を込めて人形の面(おもて)を見つめ、細やかに面相筆を運ぶ優美な手技。修理に来た人形のことを「戻ってくる」と自然に言葉にされたところなど、熊倉氏にとっておひなさまは我が子のようなものなのだと、感動した。(取材・文:丸山 裕子)

PROFILE

熊倉 満

衣裳着人形・頭師
経済産業大臣指定 伝統的工芸品 岩槻人形 伝統工芸士

  • 昭和29年埼玉県加須市に生まれる。
  • 昭和47年人形頭師藤野常吉のもと桐朔頭制作の修行を行う。
  • 昭和60年人形作家の第一人者である熊倉聖祥に師事し、頭の色彩技術を学ぶ。
  • 以来研鑽を重ね伝統の技術を継承しながら、人形頭制作の研究に努めている。
  • 平成24年経済産業大臣指定伝統的工芸品岩槻人形の伝統工芸士に認定される。