雛人形、五月人形、羽子板、破魔弓は人形の久月

会社案内 | 採用情報

English

 

人形の歴史・伝統 | 日本の節句

  • 小
  • 中
  • 大

後の雛Q&A

「後の雛」とはなんですか?

江戸時代初期、この9月9日の重陽の節句(菊の節句)に、自分自身のため「健康と長寿」の願いを込めて、虫干しを兼ねて再び雛を飾る風習がありました。3月3日の節句に飾る雛に対して9月9日の重陽の節句に再び雛人形を飾ることを「後の雛」といいます。

「重陽の節句」とは何ですか?

9月9日、重陽の節句は、邪気を祓い長寿を願って菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わしてお祝いする五節句の一つです。旧暦では、菊が咲く季節であることから菊の節句と呼ばれています。

なぜ「後の雛」に雛人形を飾るのですか?

この日、邪気を祓い長寿を願ったり、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべて酒を酌み交わして祝ったりしていました。また、「菊の被(きせ)綿(わた)」といい、9月8日に菊の花に綿を被せておき、翌日、その綿で身体を拭うと菊の薬効により、長寿になるといわれました。また、江戸時代初期、重陽の節句に自分自身のため「健康と長寿」のねがいを込めて再び雛を飾る風習がありました。このような古くからの良い風習の“復活”を願い、私ども久月では、「後の雛」を盛り立てようと考えています。「健康と長寿」を祈って「後の雛」に自分のお雛様を飾りましょう。

いつからいつまで飾るものでしょうか?

9月9日から、旧暦の9月9日頃の10月15日(人形の日)にかけて菊の花を添えてお飾りください。そして天気の良い乾燥している日にしまってください。

初正月Q&A 桃の節句Q&A 端午の節句Q&A 後の雛Q&A

ページの先頭へ

個人情報保護方針 | サイトマップ

© Kyugetsu Co., Ltd. All Rights Reserved.