雛人形、五月人形、羽子板、破魔弓は人形の久月

会社案内 | 採用情報

English

 

人形の歴史・伝統 | 日本の節句

  • 小
  • 中
  • 大

桃の節句Q&A

初節句、上巳の節句、桃の節句、ひなまつりとはなんですか?

初節句とは、お子様が生まれて初めて迎える節句のこと。三月三日のひなまつりがこの日に当たります。また、三月の最初の巳の日であることから、正式には「上巳の節句」と言います。
さらに、この頃は桃の花が咲く時期なので「桃の節句」と言う名でも親しまれています。 平安時代の宮廷貴族のひな遊びや上巳の祓いの流しびなが起源と言われ、三月三日と定められたのは今から約300年前のようです。
三月三日の節句が女性だけのお祭りになったのは、戦国の世が終り平和になった江戸時代のことです。江戸時代になると武家や町人の間でもひな人形を飾ってひな祭りをすることが広まり、江戸中期には女の子の誕生を祝って初節句にひなを飾るようになり、毎年行われるようになりました。

ひなまつりには、なぜひな人形をかざるのですか?

ひなまつりはもともと、平安時代のお人形(ひいな)遊びと、人形に自分の厄を移して海や川へ流した「流しびな」の行事が結びついたものです。そこから、ひなまつりでは、人形が身代わりになり、子供に災いが降りかからないようにという家族の願いや、人生の幸福が得られるようにという暖かい気持ちを込めて人形を飾るようになりました。

ひな人形は誰が買うものなのでしょうか?

昔はお嫁さんの実家から贈られることが多かったようです。しかし今では、両家で折半して買うこともあります。仲人や親戚の方は、ケース入りのわらべ人形や御所人形・市松人形などを贈るのが一般的です。

ひな人形はいつからいつまで飾るものなのでしょうか?

立春(二月四日)頃から二月中旬にかけて、遅くとも節句の一週間前までには飾ってください。そして、お節句がすんだら早めに、遅くとも三月中旬までの天気のよい、乾燥している日にしまってください。また、人形を手放す際は、全国各地で行われている人形供養を受け、納めてもらうとよいでしょう。

次女、三女にも、それぞれひな人形が必要ですか?

ひな人形には、そのお子様の成長と幸福を祈るとともに、お子様の身代わりとなって厄を受けると言う意味があります。ですから、人形を兼用したり譲り受けたりすることは、本来はおかしなことなのです。できれば次女、三女にも、それぞれ小さくても良いですがひな人形を持たせたいものです。

初節句にお祝いをいただいたら、お返しはどうしたらいいでしょう?

お祝いをいただいたら、「内祝い」としてお子様の名前でお返しをします。本来の形としては、お礼の手紙などを添えて贈ります。お子様のスナップ写真を添えても喜ばれるでしょう。ただし、その方をお祝いの席に招くのであれば、お返しはいりません。

男びなと女びな、どちらが右?左?

どちらが右でも左でも、間違いではありません。江戸時代までの日本の礼法では左が上座だったため、京都や、昔の習慣を大事にする地方では、男びなを向かって右に飾ります。しかし現在では、欧米のマナーの影響を受けて右上座が定着し、男びなは向かって左です。ただし、四段目の左大臣・右大臣は左上座で飾ります。老人の左大臣は向かって右となります。

おひなさまをしまうのが遅れると、お嫁に行くのが遅れるといいますが…。

それは根拠のないことです。おひなさまを飾る時期・しまう時期は、その季節の範囲内ならいつでも結構です。ただし、しまう時はてんきのよい日にほこりを払ってからしまってください。人形は、湿気・ほこり・汚れを嫌います。

ひなまつりには、どんな料理を出したらよいですか?

ひなまつりのメニューには、はまぐりのお吸物やお寿司がつきものです。はまぐりはカラをぴったり合わせることから、幸せな夫婦を意味します。また、この頃、新鮮な魚介類や春の野菜が出回るので、お寿司が好まれてきました。料理の他には、お子様が好きなお菓子やジュースがあればじゅうぶんでしょう。昔はひなまつりの前夜を「宵節句」と呼び、女性を中心にパーティーをしました。今でも子供達が集まり、ひなまつりパーティーを開くことがありますが、大げさに考える必要はありません。

三人官女の真ん中の人形に眉がないのはなぜ?

昔は、結婚をすると眉をそり落とし、歯を黒くオハグロで染めました。つまり、三人官女の真ん中の人形は、結婚している年長の女官長なのです。両側の官女は眉があるので未婚の女性ですが、一人は口を開け、一人は口を閉じています。このようにおひなさまは、十五人が全部違う顔、違う表情をしています。十五人の表情や顔を作るのは、一人の人形師。表情は違っていても、面相が揃っていることを「揃い」と言います。

おひなさまの値段は、どんなところで違うのですか?

人形については、腕のよい職人かどうかが値段に反映されます。人形の作り、衣裳の金欄の品質と仕立て方、製造数も関係します。お道具については、木製かプラスチックか、木地の仕上げの細かさ、塗りの蒔絵の技術、金具の細工などで値段が決まります。その他、ひな段の材質と厚み、布の材質、箱型か木製の組立てひな段か、あるいは変り型のひな段かで、それぞれ値段は違ってきます。

おひなさまの顔を選ぶときは、どんな点に注意したらいいでしょう?

永い間、飾って楽しむ人形ですから、あまり細部にこだわりすぎず、飽きがこないお好みの顔をお選びください。第一印象を大事に考えられたらよいでしょう。チェックポイントは、バランスがとれていて仕上げがキレイかどうか。人形の顔のことを「頭」と言いますが、セットの場合は同じ職人の手による「揃頭」であるかどうかもポイントです。京風頭は眼が細い古典的美女、一方、江戸風頭は眼の大きい現代風美女とも言えます。頭は下から見上げると明るく見え、見下ろすと少し暗く見え、見る角度によって表情が変わります。

衣裳については、どんな点を注意したらいいでしょう?

全体としての配色のよさ、仕立がキチッと固く感じられること、衣裳の仕上げがていねいで着つけがだらしなくない点にご注意ください。衣裳の色柄はお好みですが、全体の調和をお考えください。木目込人形のチェックポイントは、キレが木地に密着していてデコボコしていないこと、ヒダにきめこんだ部分がケバだっていないこと、人形の座りが安定していることです。

おひなさまはどのように選べばよいのでしょうか?

まず予算を決めて、飾る場所のサイズを調べておきます。ひな人形には衣裳着人形と木目込人形がありますが、顔、衣裳、形、大きさのバランスなど、全体の調和のとれたものをお選び下さい。

おひなさまをしまうときはどのような形で収納するのでしょうか?

初正月Q&A 桃の節句Q&A 端午の節句Q&A 後の雛Q&A

ページの先頭へ

個人情報保護方針 | サイトマップ

© Kyugetsu Co., Ltd. All Rights Reserved.