雛人形、五月人形、羽子板、破魔弓は人形の久月

会社案内 | 採用情報

English

 

人形の歴史・伝統 | 日本の節句

  • 小
  • 中
  • 大

初正月Q&A

初正月とは何ですか?

初正月とはお子様が生まれて初めて迎える新年のこと。年末になると厄除けとして、男の子には破魔弓を女の子には羽子板を贈ってお祝いする風習が江戸時代からあり、今なお受け継がれています。

なぜ破魔弓、羽子板を飾るのですか?

こうして贈られた破魔弓、羽子板を家の中にお正月らしく華やかに飾ることを特に「お正月節句飾り」といいます。医療が未発達で、栄養衛生面でも貧しかった昔は、生まれる子どもが無事成人するのは大変な事でした。親たちは子どもが病気にかからないよう、無事な成長を願い、この様なお祝いを行いました。羽子板遊びでつく羽の黒くて堅い玉は「無患子(むくろじ)」といい、「子が患わ無い」とも読めるように、無病息災のお守りの意味もあります。また、「はね」が飛ぶさまが病気を運ぶ蚊を食べるトンボに似ていることから、子どもが蚊に刺されないように、病気にならないようにとの願いも込められました。現在も女児誕生のお祝いとして、また、健やかな成長を願う”お守り”として、初正月に羽子板を贈り、そして飾るのです。また、正月儀式の射礼として武家に伝わった「破魔弓」は江戸時代になってから、正月飾物の代名詞的なものになり、現在では男児が生まれて初めて迎える初正月に「健やかに、逞しく、力強く」育ての願いをこめて破魔弓を飾っています。

いつからいつまで飾るものでしょうか?

12月の中旬頃から、翌年の小正月(14~16日)までにかけて、遅くとも30日までには飾って下さい。31日は祝い物の一夜飾りといいますので、出来れば避けてください。また、お正月だけではなく、羽子板は桃の節句、破魔弓は端午の節句にもお飾りください。

誰が買うものなのでしょうか?

一般的にはお嫁さんの実家から贈られるとされていますが、今日では、かわいいお孫さんのために両家で折半して買うこともあります。

初正月Q&A 桃の節句Q&A 端午の節句Q&A 後の雛Q&A

ページの先頭へ

個人情報保護方針 | サイトマップ

© Kyugetsu Co., Ltd. All Rights Reserved.