雛人形、五月人形、羽子板、破魔弓は人形の久月

会社案内 | 採用情報

English

 

人形の歴史・伝統 | 日本の節句

  • 小
  • 中
  • 大

祝い事が伝える暮らしの知恵 五節句

春の七草に始まり、桃、菖蒲、竹、そして秋の菊まで、日本には季節の草花に彩られたいろいろな「節句」があります。節句は奇数が重なる日をめでたいとした中国の考え方が、奈良時代に伝えられたものです。それが稲作を中心とした日本の生活のリズムにうまくあてはまったことから、日本の行事として深く根をおろし、現代に至っています。年間の節句はまとめて五節句という言葉で言い表されます。現代に伝わる五節句は江戸時代に幕府がそれまでの節句をもとに制定したものです。1月1日の正月元旦は別格扱いとし、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし又はじょうみ)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちょうよう)で五節句と定められました。
節句にはそれぞれ独自の意味や決まった供物があります。そうした供物を飲食することから、「節句」は「節供」とも言われてきました。昔の人々にとって、節句は神事のためだけでなく、日々の雑事を離れ、滋養のあるものを食べて鋭気を養い、まわりの人との絆を深める貴重な機会でもありました。現代の節句は、親・子・孫といった異なる世代がコミュニケーションを持つきっかけや、暮らしの句読点として心をリフレッシュする機会となっています。

五節句早見表

節句名 別名 月日 植物 飾り物 お供え・飲食物
人日
(じんじつ)
七草の節句 1月7日 七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ) 正月飾り 七草粥
上巳
(じょうみ/じょうし)
桃の節句 3月3日 雛飾り 草餅・菱餅
端午
(たんご)
菖蒲の節句
(端午の節句)
5月5日 菖蒲 鎧兜、甲冑、五月人形、鯉幟 ちまき、柏餅
七夕
(しきせき)
星祭 7月7日 七夕飾り 索餅(さくべい)
重陽
(ちょうよう)
菊の節句 9月9日 雛飾り 栗飯、菊酒
初正月Q&A 桃の節句Q&A 端午の節句Q&A 後の雛Q&A

ページの先頭へ

個人情報保護方針 | サイトマップ

© Kyugetsu Co., Ltd. All Rights Reserved.