雛人形、五月人形、羽子板、破魔弓は人形の久月

会社案内 | 採用情報

English

久月の人形
雛人形

  • 小
  • 中
  • 大

雛人形

3月3日は桃の節句で、そのひなまつりで子供に災いが降りかからない様にという家族の願いや、人生の幸福が得られる様にという気持ちを込めてひな人形を飾るようになりました。
ひな人形は作り方の違いから「衣裳着人形」と「木目込人形」に分けられます。
種類としては、飾り方から「段飾り」「出飾り」「親王飾り」に大別されます。
立姿の夫婦雛を「立雛」といいます。
また、仲人さんや、親族、親戚、友人からの贈り物として最適の浮世人形、市松人形があります。つるし雛は、江戸時代後期の頃が始まりで、愛する子どもや、孫のため手作りの雛飾りで、初節句を祝おうという親心から生まれたものです。

桃の節句Q&A

雛人形の名匠

お江戸と人形~雛人形の歴史~

雛人形の変遷

ページの先頭へ

個人情報保護方針 | サイトマップ

© Kyugetsu Co., Ltd. All Rights Reserved.